♪三遊亭竜楽が、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ドイツ語、英語、そして日本語でそれぞれ語る前代未聞の七か国語落語!
♪ネタは定吉と旦那のやりとりが可笑しい「味噌豆」!
♪日本語版は4月16日に行われた三遊亭竜楽独演会での「味噌豆」をライブ収録!
♪このCDを引っ提げて7月にドイツ、11月にイタリア〜フランス公演が決定!
♪各国語の語学習得や海外の方へのお土産に最適な一品です!
♪それぞれの国のiTunesはもちろんのこと、全世界のiTunesでも配信されます!

85年に5代目三遊亭円楽に入門した三遊亭竜楽。
93年真打昇進を果たし、独演会などを重ねる傍ら、平成20年より字幕・通訳無しの現地語公演を始め、ヨーロッパ各地に活躍の場を広げています。

平成20年11月に、フィレンツェ・フェスティバルジャポネーゼで行ったイタリア語落語が大好評を博したことをきっかけとして、
平成21年には、23日間でヨーロッパ6都市を廻りイタリア語、フランス語、英語による落語公演を15ヶ所で実施。

平成22年6月にはリスボンのカステラ・ド・パウロにて初のポルトガル語での公演を行い、高座は佐賀テレビが収録し全国で
OA。同年10月にパリ、リヨン、シャンベリー、ミラノ、ベネチア、ボローニャ、ソラローロ、フィレンツェ、マドリードを廻り18日間で20公演を行い、英語、イタリア語、フランス語にポルトガル語、スペイン語が加わり5か国語落語を達成。

平成23年6月にはドイツに渡り、ベルリン、ライプチヒ、ハンブルク、フランクフルトなどで15公演を行ない、6か国語落語を達成。日本語を入れて現在7か国語で落語を話せる落語家として各方面で活躍しています。

今回、7か国語でそれぞれ収録したネタは定吉と旦那のやり取りが可笑しい古典落語の「味噌豆」。二人のやり取りが各国の言葉でどう表現されるのか?
また各国語版の最初に聞こえてくる「出囃子」と、落ち(下げ)の後に鳴り響く「受け」は、その国に馴染みのある曲を三味線と太鼓で奏でています。

是非、7か国語で日本の伝統芸能の落語を聞き比べてください!
尚、この「三遊亭竜楽の七か国語落語」はネタを変えてのシリーズ化を予定しております!


タイトル 三遊亭竜楽の七か国語落語
〜味噌豆編
アーティスト名 三遊亭竜楽
発売日 2012年7月18日
価格 1,500円(税込み)/1,429円(税抜き)
商品番号 BALL-1008
販売元 タワーレコード
発売元 スロウボールレコーズ


七か国語落語の第二弾、
「酔っぱらい編」はコチラ!

懐かしのアニメソングカバーCD企画第一弾
「あのうた」
視聴&詳細ページはコチラから!
懐かしのアニメソングカバーCD企画第ニ弾
「あのうた2」
視聴&詳細ページはコチラから!
懐かしのアニメソングカバーCD企画第三弾
「あの特撮ヒーローのうた」
視聴&詳細ページはコチラから!
中国語でジブリの名曲をカバー!
「華流ジブリ」
視聴&詳細ページはコチラから!



をクリックすると、各話の試聴ができます。
※もう一度クリックすると停止します。
(試聴にはFlash Playerが必要です。お使いのブラウザに応じてインストールを行ってください)
M-1 味噌豆 日本語版 ※三遊亭竜楽独演会にて収録
M-2 味噌豆 スペイン語版
M-3 味噌豆 ドイツ語版
M-4 味噌豆 イタリア語版
M-5 味噌豆 英語版
M-6 味噌豆 ポルトガル語版
M-7 味噌豆 フランス語版
M-8 海外公演ウラ噺 ※三遊亭竜楽独演会にて収録

■「味噌豆」さわり
台所で味噌豆のつまみ食いをしていた小僧の定吉。旦那に叱られて使いに出される。ところが、旦那もうまそうな味噌豆を見てつまみ食いを始めてしまう。台所にいると定吉に見つかると思った旦那が隠れた場所は・・・。

※各国語版の「味噌豆」は、M-1に収録している独演会での「味噌豆」をそのまま訳したものではなく、若干変更または割愛している部分があります。予めご了承ください。


    ■三遊亭竜楽 プロフィール

本名: 柳井 淳嘉 (やない あつよし)
生年月日: 昭和33年9月12日
出生地: 群馬県生まれ
学歴: 中央大学法学部 卒業

【経歴】
・昭和61年1月 三遊亭円楽に入門
・平成元年3月 二つ目に昇進
・平成4年10月 真打ちに昇進

【受賞歴】
・平成 3年度 「にっかん飛切落語会若手落語家奨励賞(努力賞)受賞
・平成 4年度 同賞を連続受賞
・平成 5年度 国立演芸場より「花形演芸会・銀賞」受賞
・平成13年度 国立演芸場より「花形演芸大賞銀賞」受賞

実積
  • 日本テレビ「笑点」の「若手大喜利」等に出演
  • 日刊スポーツ主催「にっかん飛切落語会」レギュラー出演
  • TBSドラマスペシャル「紅い稲妻・人見絹技」出演
  • 東京・池袋の英進情報処理専門学校で特別講師を務める
  • 中央大学学員講師として各地で公演を行う
  • FMラジオ「暮らしQ&A」でパーソナリティを務め、脚本も担当
  • 平成10年度 専属学園魚津短大で非常勤講師を務める
  • 平成22年度 サガテレビ『スイーツ!南蛮渡来の甘ーいお噺』に出演。ナレーションも担当する。番組はフジテレビ系列で全国放送される。
海外公演
  • 平成20年より字幕・通訳無しの現地語公演を始め、ヨーロッパ各地に活躍の場を広げている
  • 平成20年11月 フィレンツェ・フェスティバルジャポネーゼでイタリア語の落語公演(ミラノ カルチャーラボ、ローマ日本人女性会にて独演会)
  • 平成21年10月〜11月。23日間でヨーロッパ6都市を廻りイタリア語、フランス語、英語による落語公演を15ヶ所で行なう。
    会場はローマ日本文化会館、ローマ大学、ミラノ大学、フィレンツェ大学、リヨン第三大学、パリ大学など。
  • 平成22年6月リスボンのカステラ・ド・パウロにて初のポルトガル語公演。高座は佐賀テレビが収録し全国に放映された。
    10月17日からパリ、リヨン、シャンベリー、ミラノ、ベネチア、ボローニャ、ソラローロ、フィレンツェ、マドリードを廻り18日間で20公演を行った。
    英語、イタリア語、フランス語にポルトガル語、スペイン語が加わり5か国語落語を達成。
  • 平成23年6月ドイツに渡り、ベルリン、ライプチヒ、ハンブルク、フランクフルトなどで15公演を行ない6か国語落語を達成(日本語を入れて7か国語)。
    11月イタリア、フランスの4都市で9公演を行う。
  • 平成24年7月ドイツに渡り、ベルリン・ライプチヒ・ハイデルベルク・ケルン・トリアーの5都市で5公演。
    11月イタリア・フランス・スイス8都市(フィレンツェ・ボローニャ・ラヴェンナ・マッサ・ニース・パリ・ヴィールファヴァール・ローザンヌ)で
    14公演・4ワークショップを行う。
 ※現在までに公演で訪れた国は6か国、外国語公演は80回を超える。
   平成25年は7月にドイツ、9月から10月にイタリア、フランスでの公演が予定されており、フランスでは昨年「三枝改め桂文枝襲名披露」が行われた
   パリ日本文化会館での公演が9月25日に行われる。平成26年3月にはアメリカ公演を予定している。

執筆活動
  • さわやか福祉財団発行、雑誌「さあ言おう」でエッセイを連載
  • 月刊おとなりさん(大田区タウン誌)平成17年10月より「お笑いエッセイ」を連載中
  • 朝日新聞夕刊にて平成19年5月より毎月末「らくごよみ」を連載中
  • 真言宗智山派発行「生きる力」に「ごくらくらくご」を連載中
  • 平成23年11月20日 日本経済新聞文化欄に「6ヶ国語落語の話を一つ」と題し寄稿
所属
  • 日本放送作家協会会員
  • 日本脚本家連盟所属
出版
  • 平成18年 「笑い!がわかればあなたは変わる」(実業之日本社)を出版
  • 平成18年  DVD「落語笑笑散歩 第3巻 ー隅田川下り遊々ー」(ソニー・ミュージックダイレクト)を発売
  • 平成20年  ワザオギレーベルよりCD『三遊亭竜楽1』を発売
  • 平成23年  ワザオギレーベルよりCD『三遊亭竜楽2』を発売

三遊亭竜楽公式サイト http://www.ryu-raku.com/index.php


スロウボールレコーズ
千代田区神田神保町2-14朝日神保町プラザ1109
TEL 03-4590-1317
http://www.slowcurve.co.jp
info@slowcurve.co.jp